【DIYも程々に】トヨタ 10系アルファード後期/イモビライザーキーの復旧!

「自分で何でも出来る」

って感じの事が増えましたね。
今まで業者や職人に任せていた作業などでも、手軽に自分で出来るようなキットが出たりと便利な世の中ですね。

車の鍵も、その中の一つ。

割れたキーカバーやキーシェルの補修が簡単にできるようになりました!
っというか数年前からあるんですが、

 
 

「車のエンジンが掛からなくなってしまったので、どうにか出来ますか?」

・・・・なぜだか分かります??

 
????

 
 

!?

そう、オーナーさんが ボロくなったキーレスをから新しいキーレスカバーに交換する為にトランスポンダーチップを取り外そうとして、砕けてしまってるんです。

中には小さなコイルが仕込まれて、コレを樹脂やカーボンで包み込んだモノがキーレスユニットやキーカバーに仕込んであり、メーカー側は脱落防止・破損防止対策として接着剤で固定してるもんですから、そりゃあヘタすれば砕けます。

←イモビのチップ
ちっちゃいでしょ?

すでにこの状態では使い物にならないので、全紛失と同等の作業となります。
イモビライザーのデータを初期化し、再登録を掛けないとイケません。

←砕けた元キー     (中)ご用意してあるキーカバー     追加で作ったキーレス→

特にトヨタの 「しずく型のキーレス」 はチップがガッチリ固定してありますので、当社にお任せ下さい!
ご郵送でもキーカバー交換を承っております^^

ご依頼有難う御座いました~~



車の鍵専門
イモビライザー特化の鍵屋さん
株式会社 キーマックス
熊本市北区梶尾町297-1
 

シェアする

フォローする